世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県 企画部 世界遺産課

日本語 / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어
English / français / português / español

HOME > お知らせ & トピックス > 「世界遺産・絹文化継承フェスタ」を開催しました

お知らせ & トピックス

「世界遺産・絹文化継承フェスタ」を開催しました

世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の価値について、絹産業や絹文化を含めて総合的に理解いただくとともに、未来へ継承していく機運を高めるため、「絹文化継承プロジェクト」に参加した小・中学校の児童・生徒達による学習成果の発表や展示、世界遺産や日本遺産、ぐんま絹遺産等に関する展示・イベントを行いました。

たいへん多くの皆様にご来場いただきありがとうございました。

1 日時

平成28年1月26日(火)~31日(日)10:00~17:00(最終日のみ~15:00)

2 場所

群馬県庁1階 県民ホール(北側・南側)

3 主催

群馬県、シルクカントリーぐんま連絡協議会(群馬歴史文化遺産発掘・活用・発信実行委員会)、富岡製糸場世界遺産伝道師協会

4 共催

国立研究開発法人農業生物資源研究所

5 内容

(1)絹文化継承プロジェクト成果の展示(1/30(土)、31(日)・県民ホール北側・観覧自由)

▽プロジェクト参加校の小学生が育てた蚕の繭から作った校旗(45枚)の展示
▽蚕の飼育の様子や、校旗作成過程の写真等の展示
▽プロジェクト参加校の中学生が調べた地域の絹の歴史に関する展示(6校)

 

(2)世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」展(1/26(火)~31(日)・県民ホール南側・観覧自由)

▽世界遺産、日本遺産、ぐんま絹遺産等の紹介
・価値や構成資産等を紹介するパネル展示
・子供向けのパネル展示、映像の上映
・世界遺産の構成4資産の特大パネルの展示(横2.7m×縦2.1m×4資産)
・富岡製糸場の模型展示、東繭倉庫のペーパークラフト無料配布(各日先着100名)
・富岡製糸場世界遺産伝道師協会による解説
▽繭、生糸、織物等の展示
▽国立研究開発法人農業生物資源研究所 特別展示「すごいぞ!カイコの底力!」
・光るシルクの着物や、クモ糸シルク等
(同研究所は1/29(金)13:00から、県庁2階ビジターセンターで、県と公開シンポジウム「カイコ産業の未来」を開催します。

公開シンポジウム「カイコ産業の未来」(群馬県ホームページ内)

▽上州座繰りの実演と無料体験

 

(3)絹文化継承応援キャラクター大集合(1/30(土)~31(日)・県民ホール・参加自由)

▽参加キャラクター
工女ぐんまちゃん、お富ちゃん、シルキーちゃん、くわまる、まゆダーマン、にゃくっち、ねぎ坊、キノピー

 

詳細はリーフレットをダウンロードしてご参照ください。

「世界遺産・絹文化継承フェスタ」リーフレット(884kb)

【参考】「絹文化継承プロジェクト」とは

平成27年度に県が新たに実施。県内小学校44校が参加し、学校で蚕を育て、その蚕の繭からできた生糸を利用した絹布で校旗を作りました。また、県内中学校6校が参加し、それぞれの地域の絹に関する歴史等を調査しました。
なお、参加校のうち、桐生市立黒保根小学校は、自校分に加えて、姉妹校の西町インターナショナルスクール(東京)へのプレゼント分の蚕も育てました。(西町インターナショナルスクールは、黒保根地区出身の明治期に生糸貿易商として活躍した新井領一郎の孫が創立した学校)

 

ページトップへ戻る