世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県 企画部 世界遺産課

日本語 / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어
English / français / português / español

HOME > お知らせ & トピックス > 「世界遺産劇場」・「世界遺産大學」・「技と美 日本の絹展」が開催されました

お知らせ & トピックス

「世界遺産劇場」・「世界遺産大學」・「技と美 日本の絹展」が開催されました

多くの方のご来場をいただきありがとうございました。

平成23年9月16日(金)から19日(月・祝)の間、富岡製糸場で著名なアーティストによるコンサート「世界遺産劇場」、ファッションと技術をテーマ にした講演会「世界遺産大學」、工芸品展「技と美 日本の絹展」を開催し、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録に向けたメッセージを群馬から全国 に発信しました。

1 第17回NECフィールディング世界遺産劇場 富岡製糸場
著名な出演者によるコンサートが開催されました。

・日時   平成23年9月17日(土)・19日(月・祝)18:00~19:30
・出演等  17日 東京スカパラダイスオーケストラ 全席指定6,300円
19日 坂本真綾 全席指定5,500円
・チケット  平成23年8月7日(日)発売
・主催    世界遺産劇場実行委員会、BSフジ、産経新聞社、上毛新聞社
・問合せ、チケット予約
(株)SAP03-5226-8537(平日10時~18時)
上毛新聞社事業局027-254-9955(平日9時~17時)
PDF 世界遺産劇場告知リーフレット表面(PDF 1001KB)
PDF 世界遺産劇場告知リーフレット裏面(PDF 1571KB)

2 第7回世界遺産大學 富岡製糸場 ~ファッションと技術の夢~
世界遺産候補「富岡製糸場と絹産業遺産群」、及び絹を通じた世界のファッションや技術革新に
関する講演会を開催しました。

・期日   平成23年9月19日(月・祝)13:00~15:00
・講演   第1部 「絹とファッション」
森英恵(ファッションデザイナー)
第2部 「未知の夢 -先端技術の苦闘と感動」
川口淳一郎(宇宙航空研究開発機構 教授 はやぶさプロジェクトマネージャ)
・定員   200人(要事前申込)
・入場料  無料
・申込方法 往復はがきに「郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号」を明記のうえ9月6日(火)
までに富岡製糸場へ。(必着)1枚につき2名様まで可。(2名様で申し込みの
場合は、氏名・年齢のみ2名様分明記)申込者多数の場合は抽選。
・主催   群馬県、富岡市、世界遺産劇場実行委員会、富岡製糸場世界遺産大學等
実行委員会、上毛新聞社
・問合せ先 世界遺産大學等実行委員会(県世界遺産推進課内)TEL:027-226-2326
富岡製糸場(富岡市富岡製糸場課)TEL:0274-64-0005
PDF 世界遺産大學告知リーフレット表面(PDF 423KB)
PDF 世界遺産大學告知リーフレット裏面(PDF 1071KB)

3 技と美 日本の絹展
(経済産業省指定伝統的工芸品展・群馬の絹展・群馬県ふるさと伝統工芸品展)
絹の美を中心に、群馬・新潟・長野県等の伝統的工芸品や、群馬のオリジナル絹製品及び
群馬県ふるさと伝統工芸品等を一堂に会して展示しました。

・日時   平成23年9月16日(金)~18日(日) 9:00~17:00
・内容   ○群馬県、新潟県、長野県等の伝統的工芸品、群馬のオリジナル絹製品、
群馬県ふるさと伝統工芸品、及び富岡市のオリジナル絹製品の展示
○伝統的工芸品指定絹織物を使ったファッションショー(17日・18日)
・入場料  無料(富岡製糸場の見学料が別途必要)
・主催   伝統工芸美普及協議会、世界遺産劇場実行委員会、群馬県、富岡市、
富岡製糸場世界遺産大學等実行委員会、上毛新聞社
・問合せ先  伝統工芸美普及協議会((株)SAP内)TEL:03-5226-8537
世界遺産大學等実行委員会(県世界遺産推進課内)TEL:027-226-2326
富岡製糸場(富岡市富岡製糸場課)TEL:0274-64-0005
PDF 技と美 日本の絹展告知リーフレット表面(PDF 76KB)
PDF 技と美 日本の絹展告知リーフレット裏面(PDF 161KB)

○「世界遺産劇場」とは・・・
日本各地の世界遺産をはじめ、世界遺産登録を目指す文化遺産の歴史的空間を活用し、著名な出演者によるコンサートや 伝統芸能などを上演するイベントで、2006年から行われています。
また、世界遺産劇場の開催にあわせて世界遺産大學(講演会)や、伝統的工芸品展を開催したところもあります。  今回の富岡製糸場での開催は、世界遺産劇場では17回目、世界遺産大學では7回目、経済産業省指定伝統的工芸品展では3回目となります。

ページトップへ戻る