世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県 企画部 世界遺産課

日本語 / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어
English / français / português / español

HOME > お知らせ & トピックス > 田島弥平旧宅 国指定史跡に 文化審議会が答申

お知らせ & トピックス

田島弥平旧宅 国指定史跡に 文化審議会が答申

国の文化審議会は、6月15日(金)に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、史跡名称天然記念物の新指定及び追加指定について、文部科学大臣に答申しました。
このなかには、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産候補となっている「田島弥平旧宅」の史跡指定と史跡「高山社跡」の追加指定が含まれています。
「田島弥平旧宅」の史跡指定が答申されたことで、世界遺産登録の条件となっている構成資産の国内法による保護が整うことになりました。 また、「高山社跡」では万全な保護に向け屋敷神等が追加指定されました。後日官報に告示され指定等が正式に決まります。

<新指定>
田島弥平旧宅(伊勢崎市)
瓦屋根に換気設備を取り付けた近代養蚕農家の原型。
弥平旧宅の屋敷地約4,000㎡が史跡指定となる。
※田島弥平旧宅は個人住宅のため、敷地内へ立ち入っての見学は御遠慮ください。

<追加指定>
高山社跡(藤岡市)
屋敷神、西入口の進入路、水路の追加指定。

ページトップへ戻る