世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県 企画部 世界遺産課

日本語 / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어
English / français / português / español

HOME > お知らせ & トピックス > 「ぐんま絹遺産」の第3回登録について

お知らせ & トピックス

「ぐんま絹遺産」の第3回登録について

平成24年10月17日に開催された第3回ぐんま絹遺産推進委員会において、新規に養蚕、製糸、織物に関わる建造物や民俗芸能等20件について、登録が適 当との意見が示されました。群馬県は、委員会から意見が示された20件について、平成24年11月13日、「ぐんま絹遺産」に追加登録しました。
この結果、「ぐんま絹遺産」の合計登録数は78件となりました。
県は、今後も引き続き、「ぐんま絹遺産」のホームページやパンフレット等によるPRを進め、個々の遺産をネットワーク化することで、これを活用した地域振興、観光、文化的事業の形成を目指します。

1 ぐんま絹遺産とは
群馬県内にある絹産業に関わる建造物や構造物、民俗や祭礼に関わる行事や芸能、関係資料などを展示した施設、稼働中の生産や流通施設等の中で、県が「ぐんま絹遺産」として適当と認めたものです。

2 追加したぐんま絹遺産
PDF 第3回ぐんま絹遺産登録一覧(PDF 60KB)

3 登録手続きについて
(1)登録を希望する市町村長が、推薦書に所有者の公開等に係る同意書を添えて県に推薦します。
(2)県は、歴史・建築・民俗・絹産業などの専門家、学識経験者等で構成する「ぐんま絹遺産推進委員会」の意見を踏まえて、「ぐんま絹遺産」の登録を行います。

4 市町村支援について
県は、市町村が行う「ぐんま絹遺産」に関する調査研究、保存計画・活用計画等の策定、広報活動、現地ガイド育成、案内板や現地説明板の設置等に対し、「ぐんま絹遺産保存活用総合支援事業」により補助します。

5 県関連事業について
県は、登録した「ぐんま絹遺産」をネットワーク化して、統一的なコンセプトによる広報、体験周遊ルートの設定、解説指導の実施、関係市町村や関係民間団体と連携したモデルイベントの開催などを計画しています。

ページトップへ戻る