世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県 企画部 世界遺産課

日本語 / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어
English / français / português / español

HOME > お知らせ & トピックス > 「富岡製糸場と絹産業遺産群」 全国巡回展プレ展示 & 記念貨幣展示を実施しました

お知らせ & トピックス

「富岡製糸場と絹産業遺産群」 全国巡回展プレ展示 & 記念貨幣展示を実施しました

 2014年の世界遺産登録に向けたPRのため、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産の模型4台等を、今後実施予定の「全国巡回展」に先駆けて、県庁31階で展示しました。
 また、富岡製糸場等をデザインした地方自治法施行60周年記念貨幣等をあわせて展示しました。

1 日 時
   平成25年7月10日(水)~平成25年8月18日(日)
    午前8時30分~午後10時00分(平日)
    午前9時00分~午後10時00分(土日祝日)
    ※県庁入館は午後9時45分まで

2 場 所
   群馬県庁31階 北側 観光物産展示室(前橋市大手町1-1-1)

3 展示内容
(1)模型
     ・各構成資産の精緻な模型
      (富岡製糸場・田島弥平旧宅・高山社跡・荒船風穴 計4台)

(2)地方自治法施行60周年記念貨幣(群馬県分)
     ・富岡製糸場等をデザインした千円銀貨幣、五百円貨幣
     ・ほか、記念貨幣発行に関連した資料等

(3)その他
     ・各構成資産の特大写真パネル(幅270cm×高さ210cm)
     ・構成資産の概要や価値、世界遺産登録へのプロセス等の説明パネル
                                               など

4 入場無料

【参考】
◆全国巡回展
  県では、今年度中に、今回展示する模型4台等を東京、名古屋、大阪方面等で展示する「全国巡回展」の実施を予定しています。

◆地方自治法施行60周年記念貨幣
  政府が平成20年度から28年度までの間、47都道府県ごとの図柄により発行している記念貨幣で、平成25年度前半分として、群馬県分が発行されます。

ページトップへ戻る