世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県 企画部 世界遺産課

日本語 / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어
English / français / português / español

HOME > お知らせ & トピックス > 「富岡製糸場と絹産業遺産群」全国巡回展を大阪で開催しました

お知らせ & トピックス

「富岡製糸場と絹産業遺産群」全国巡回展を大阪で開催しました

1 趣旨・目的
2014年に世界文化遺産への登録が見込まれる、世界遺産候補「富岡製糸場と絹産業遺産群」の魅力や価値を全国の皆様に知っていただくため、精巧な模型や、秀逸な写真・映像等でこれを紹介する巡回展を、大阪ステーションシティで実施しました。

2 巡回展
(1)主  催  群馬県(企画部 世界遺産推進課)
(2)日  時  平成25年11月15日(金)~17日(日)10時~20時 (最終日のみ~18時)
(3)場  所  大阪ステーションシティ 南ゲート広場
(4)展示内容 ・構成資産(「富岡製糸場」等)の精巧な模型 4台(各1.5m四方程度)
・プロの写真家が撮影した写真 約20枚
・迫力の特大写真パネル 4枚(高さ約3m×幅約2m)
・価値や、登録までのプロセス等を紹介するパネル 8枚
・最新の紹介映像の上映  など
(5)そ の 他
会場では、群馬県にあるボランティア団体『富岡製糸場世界遺産伝道師協会』のメンバーが、親しみやすく、わかりやすい説明を行いました。
また、15日(金)には「富岡製糸場と絹産業遺産群」をPRするキャンペーンレディ『ぐんま工女隊』(※)も来場しました。(15時まで)
※「ぐんま工女隊」は、明治の初めに官営富岡製糸場で繰糸を学んだ女性達(工女=こうじょ)の姿で、世界遺産登録推進等のPR活動を行っています。

ページトップへ戻る