世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県 企画部 世界遺産課

日本語 / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어
English / français / português / español

HOME > キッズページ : 富岡製糸場(とみおかせいしじょう)と絹産業遺産群(きぬさんぎょういさんぐん)ってなに?

富岡製糸場(とみおかせいしじょう)と絹産業遺産群(きぬさんぎょういさんぐん)ってなに?

富岡製糸場は、1872(明治5)年に作つくられた、(まゆ)から生糸(きいと)(きぬ)の糸)をつくる工場です。
富岡製糸場は器械を使った製糸技術(せいしぎじゅつ)を外国から学び、それを改良し、日本中に広めました。
田島弥平旧宅(たじまやへいきゅうたく)高山社跡(たかやましゃあと)荒船風穴(あらふねふうけつ)は、(かいこ)の飼い方や蚕の卵の(たくわ)え方を工夫して新しい技術を生み出した所です。これらを「絹産業遺産群」と呼んでいます。
「富岡製糸場」と「絹産業遺産群」は協力して、良い繭を作り、そこから良い生糸をたくさんつくる技術を作り出しました。その結果 、日本は1909(明治42)年世界一の生糸輸出(ゆしゅつ)国になりました。
「富岡製糸場と絹産業遺産群」の努力で、生糸をたくさん作ることができるようになったので、それまでお金持ちや身分の高い人しか使えなかった絹を、一般の人も使えるようになり、いろいろなファッションを楽しめるようになりました。
「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、世界の人たちのファッションや文化を豊なものに変えた努力の跡が、その頃のまま保存されているので、世界遺産にふさわしいと考えられてます。

生糸輸出量

ページトップへ戻る