世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県 企画部 世界遺産課

日本語 / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어
English / français / português / español

HOME > キッズページ : 富岡製糸場(とみおかせいしじょう)ってどんなところ?

富岡製糸場(とみおかせいしじょう)ってどんなところ?

明治時代、日本から輸出される生糸の中には質の悪いものもあり、外国からは質を良 くすることを求められていました。そこで、国は富岡製糸場を作って西洋から器械製糸技術(きかいせいしぎじゅつ)を学び、その技術を全国に広ひろめて、品質のよい生糸を大量に輸出しようと考えました。
富岡製糸場は1872(明治5)年にフランスの協力で完成し、器械製糸工場の手本になりました。その後も生糸をとる技術の開発を続け、農家と協力して品質の高い(まゆ)を大量に生産するために中心となって活躍しました。そして、その技術を日本中はもちろん外国へも広がりました。創業当時(そうぎょうとうじ)の建物がほぼそのまま残っており、中でも繭を保存していた東繭倉庫(ひがしまゆそうこ)、糸を作っていた繰糸場(そうしじょう)は、内部も見学できます。

東繭倉庫内部

ページトップへ戻る