世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県 企画部 世界遺産課

日本語 / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어
English / français / português / español

HOME > キッズページ : 養蚕(ようさん)・製糸(せいし)の歴史

養蚕(ようさん)・製糸(せいし)の歴史

(きぬ)の生産は、今から5000 年くらい前に中国で始まり、世界の各地に広まりました。日本には2000 年くらい前に伝わり、江戸時代の中頃(1700 年代中頃)、生糸の生産量が急に増えました。
特に群馬県では、養蚕・製糸業が盛んになり、技術も発展しました。群馬県の桐生や伊勢崎では、絹織物業もさかんになりました。江戸時代、日本は外国との貿易(ぼうえき)制限(せいげん)していましたが、1859 年外国との貿易が始まると生糸は日本の最大の輸出品になりました。
そこに着目(ちゃくもく)した明治政府は、1872(明治5)年にフランスの最新式の製糸器械(きかい)(そな)えた富岡製糸場を富岡市につくり、品質の良い生糸の作り方の見本を示すことにしました。
その後、日本の養蚕・製糸技術は世界で最も進んだものとなり、その技術を世界中に広めたのです。

絹織物ができるまで

絹織物ができるまで

ページトップへ戻る