世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県 企画部 世界遺産課

日本語 / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어
English / français / português / español

HOME > 世界遺産の登録基準

世界遺産の登録基準

世界遺産の対象

世界遺産条約で定義されている「記念物」「建造物群」「遺跡」等の不動産である必要があります。
動産、もしくは動産になり得る不動産は対象外です。

国内法による保護

所在する国の十分な法的保護の下にあって、確実に守られている必要があります。
【国内法(文化財保護法)の指定が必要です。】

顕著な普遍的価値

ユネスコ世界遺産委員会が策定した作業指針で示されている、評価基準を一つ以上満たし、「顕著な普遍的価値」を有する必要があります。

1. 人間の創造的才能を表す傑作である。

2. 建築、科学技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展に重要な影響を与えた、ある期間にわたる価値感の交流又はある文化圏内での価値観の交流を示すものである。

3. 現存するか消滅しているかにかかわらず、ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する物証として無二の存在(少なくとも希有な存在)である。

4. 歴史上の重要な段階を物語る建築物、その集合体、科学技術の集合体、あるいは景観を代表する顕著な見本である。

5. あるひとつの文化(または複数の文化)を特徴づけるような伝統的居住形態若しくは陸上・海上の土地利用形態を代表する顕著な見本である。又は、人類と環境とのふれあいを代表する顕著な見本である(特に不可逆的な変化によりその存続が危ぶまれているもの)。

6. 顕著な普遍的価値を有する出来事(行事)、生きた伝統、思想、信仰、芸術的作品、あるいは文学的作品と直接または実質的関連がある(この基準は他の基準とあわせて用いられることが望ましい)。

※自然遺産の評価基準として他に4基準(7、8、9、10)があります。

真正性・完全性

真正性(オーセンティシティー)に合致すること。つまり資材や文化的特徴が本物でなくてはなりません。復元に関しては、正確な情報に基づくもの であり、かつ、全部が復元でなければ良いこととなっています。また、価値や重要性を示すために必要な要素がすべて含まれていること(完全性)が求められて います。

ページトップへ戻る