世界遺産

富岡製糸場と絹産業遺産群

群馬県 企画部 世界遺産課

日本語 / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어
English / français / português / español

HOME > 世界遺産登録の範囲

世界遺産登録の範囲

世界遺産の範囲

登録資産の区域

世界遺産一覧表に登録するには、登録を推薦する資産の区域(境界線)を明確に定める必要があります。複数の資産から構成される場合は、各構成資産ごとに定めます。具体的には、文化財保護法に基づく指定または選定を受けて、適切な保護措置及び管理体制が整っている資産の区域です。

緩衝地帯(バッファゾーン)

資産の世界遺産としての価値を損なわないため、資産の周辺にもうけるもので、その景観や環境を保護する区域です。なお、緩衝地帯の範囲はそれぞれの資産に応じて、専門的調査に基づき決められます。世界遺産登録のためには、緩衝地帯を確保することが条件となりますが、世界遺産登録のための国際的な特別な規定があるわけでなく、具体的にはそれぞれの国における法律や条令を適用して緩衝地帯を確保することになります。

複数の構成資産がある場合には、全ての構成資産に対して緩衝地帯を設定する必要がありますが、複数の構成資産を一体として保護する緩衝地帯を設定する場合があります。

ページトップへ戻る