ぐんま絹遺産

HOME > ぐんま絹遺産データベース : 検索 - 紺周郎神碣

ぐんま絹遺産データベース

紺周郎神碣 [ 県央地区 / 明治/ 養蚕 / ]


「薪火育」法(いぶし飼い)を考案し、養蚕技術の改良と普及に尽力した永井紺周郎を称えた碑です。明治21年(1888)3月に地元の人々だけでなく宮城村、荒砥村、波志江町の人々まで参加して建立したものとされています。

所在地 前橋市上大屋町298
見学 随時見学可
問合せ 前橋市文化財保護課 TEL 027-280-6511
交通 JR前橋大島駅から車約30分 北関東自動車道駒形I.Cから約30分
紹介ビデオを見る ※ うまく再生されない場合は、右クリックで保存した後ご覧ください。

※本コンテンツは、InternetExplorer8.0以上、Chrome、Safari、Firefoxでのご利用を推奨しています。
推奨環境以外のブラウザでは、正しく動作しない場合があります。


地域の文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業
群馬県 : ぐんま絹遺産ネットワーク活用実行委員会
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
TEL : 027-226-2326 | FAX : 027-224-2812

各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。
All Rights Reserved, Copyright(C)Gunma prefecture,
Gunma silk inheritance network utilization and executive committee.