ぐんま絹遺産

HOME > ぐんま絹遺産データベース : 検索 - 八幡八幡宮唐銅燈籠

ぐんま絹遺産データベース

八幡八幡宮唐銅燈籠やわたはちまんぐうからかねとうろう [ 西毛地区 / 江戸以前/ 流通 / ]


総高5.01mある一対の唐銅製の燈籠で、八幡八幡宮の大修復事業完遂記念物として、慶應3年(1867)に奉納されました。大願主は高崎出身の糸繭商で横浜で活躍した野沢屋惣兵衛。燈籠には高崎、横浜の糸繭商人や養蚕関係者など寄付者の名が刻まれています。

所在地 高崎市八幡町655-1
見学 随時可
問合せ 高崎市文化財保護課 TEL 027-321-1292
交通 JR信越線群馬八幡駅から徒歩約15分 関越自動車道高崎I.Cから約25分,上信越自動車道吉井I.Cから約35分
紹介ビデオを見る ※ うまく再生されない場合は、右クリックで保存した後ご覧ください。

※本コンテンツは、InternetExplorer8.0以上、Chrome、Safari、Firefoxでのご利用を推奨しています。
推奨環境以外のブラウザでは、正しく動作しない場合があります。


地域の文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業
群馬県 : ぐんま絹遺産ネットワーク活用実行委員会
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
TEL : 027-226-2326 | FAX : 027-224-2812

各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。
All Rights Reserved, Copyright(C)Gunma prefecture,
Gunma silk inheritance network utilization and executive committee.