地域の文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業

ぐんま絹遺産

群馬県には、カイコを育てマユをつくる養蚕、マユから生糸をつくる製糸、そして織物など、絹に関する歴史、文化、そして産業が息づいています。県がぐんま絹遺産に登録した文化財などをご紹介します。このホームページで興味のあるぐんま絹遺産をピックアップして、颯爽たるシルクカントリーぐんまを巡ってみましょう! 詳しくは → ぐんま絹遺産とは?

ぐんま絹遺産 新着情報

紺周郎神碣
「薪火育」法(いぶし飼い)を考案し、養蚕技術の改良と普及に尽力した永井紺周郎を称えた碑です。明治21年(1888)3月に(続きを読む)

富岡製糸場
明治5年に明治政府が設立した官営の器械製糸場です。民営化後も一貫して製糸を行い、115年間使用されました。創業時の長さ1(続きを読む)

永井流養蚕伝習所実習棟
永井紺周郎は、火力を積極的に使う飼育法に気づき、種々の改良を加え、永井流養蚕術を確立しました。紺周郎が他界した翌年の明治(続きを読む)

お知らせ

一覧へ

  • 2017年5月30日 第7回ぐんま絹遺産についてアップしました
    【利根吾妻地区】河合家住宅(みなかみ町)、【西毛地区】富岡製糸場土台石採掘場(甘楽町)【利根吾妻地区】永井いと像(片品村)※ぐんま絹遺産第7回登録(平成29年3月13日現在合計97件)
  • 2016年10月24日 第6回登録のぐんま絹遺産についてアップしました
    【西毛地区】星尾風穴(南牧村)、養蚕畫解 附褒状(藤岡市)【県央地区】境赤煉瓦(レンガ)倉庫(伊勢崎市)※ぐんま絹遺産第6回登録(平成28年2月22日現在合計94件)
  • 2015年3月19日 第5回登録のぐんま絹遺産についてアップしました
    【西毛地区】上州新町驛紡績所版木(藤岡市)、咲前神社本殿 附末社絹笠神社・神楽殿・根子石・太々神楽(安中市)、甘楽社小幡組由来碑(甘楽町)【利根・吾妻地区】蚕神塔(沼田市)、永井流養蚕伝習所実習棟(片品村)【東毛地区】太田市新田猫絵コレクション(太田市)、大泉町文化むら資料館(旧対比地家住宅)(大泉町)※ぐんま絹遺産第5回追加登録(平成27年2月2日) 
  • 2014年4月26日 第3回登録した20件について紹介動画をアップしました。
    第3回登録した絹遺産のページ中央に「紹介ビデオを見る」というボタンを設置しました。それをクリックしていただくと、約30秒程度の紹介動画が見られます。ぜひお試しください。※Windows Media Player 各動画約10MB
  • 2014年3月28日 第4回登録のぐんま絹遺産についてアップしました
    【西毛地区】絹笠神社社殿附霜災懲毖之碑(安中市)、雲門寺の馬鳴菩薩像(安中市)、春秋館文書(下仁田町)、富岡製糸場絵馬(甘楽町)、甘楽町の養蚕・製糸・織物資料(甘楽町)【利根・吾妻地区】蚕影山宮の石宮(沼田市)※ぐんま絹遺産第4回追加登録(平成26年2月28日)   

地域の文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業
群馬県 : ぐんま絹遺産ネットワーク活用実行委員会
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
TEL : 027-226-2326 | FAX : 027-224-2812

各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。
All Rights Reserved, Copyright(C)Gunma prefecture,
Gunma silk inheritance network utilization and executive committee.