HOME

富岡製糸場と絹産業遺産群
群馬県立
世界遺産センター
『世界を変える生糸いとの力』研究所

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

日本の発展を支えた絹。
世界の人々の生活を華やかに変えた絹。
今でも続く絶え間ない技術革新と技術交流の
原点がここにある。

Shadow
Slider

お知らせ・新着情報

群馬県立世界遺産センター富岡製糸場と絹産業遺産群 

富岡市役所東に富岡製糸場と絹遺産群のための【群馬県立世界遺産センター】が誕生いたしました。本施設は上州富岡駅と市役所の間にある歴史的な倉庫群を再利用・再開発されて設立いたしました。

1号(れんが積み)、2号(大谷石積み)、3号(土壁)の3棟の倉庫と、乾燥場(木造)の4つの建造物から構成されています。この内1号(れんが積み)を世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」のガイダンス施設として生まれ変わりました。

世界遺産センターでは、世界遺産の価値を伝えるとともに、日本遺産などの本県の豊かな絹遺産を総合的に発信し、調査研究を行います。


「富岡製糸場と絹産業遺産群」は
平成26年6月25日に世界遺産に登録されました。
下記はそれを構成する資産群です。
富岡製糸場と絹産業遺産群については
富岡製糸場とは

明治5年(1872)に明治政府が設立した官営の器械製糸場です。民営化後も一貫して製糸を行い、製糸技術開発の最先端として国内養蚕・製糸業を世界一の水準に牽引しました。また、田島家、荒船風穴、高山社などと連携して、蚕の優良品種の開発と普及を主導しました。


田島弥平旧宅とは

通風を重視した蚕の飼育法「清涼育」を大成した田島弥平が、文久3年(1863)に建てた住居兼蚕室です。間口約25m、奥行約9mの瓦葺き総2階建てで、初めて屋根に換気用の越屋根が付けられました。


高山社跡とは

明治16年(1883)、高山長五郎は、通風と温度管理を調和させた「清温育」という蚕の飼育法を確立しました。翌年、この地に設立された養蚕教育機関高山社は、その技術を全国及び海外に広め、清温育は全国標準の養蚕法となりました。


荒船風穴とは

明治38年(1905)から大正3年(1914)に造られました。岩の隙間から吹き出す冷風を利用した蚕種(蚕の卵)の貯蔵施設で、冷蔵技術を活かし、当時年1回だった養蚕を複数回可能にしました。