ぐんま絹遺産

HOME > ぐんま絹遺産データベース : 検索 - 絹笠神社社殿附霜災懲毖之碑

ぐんま絹遺産データベース

絹笠神社社殿附霜災懲毖之碑きぬがさじんじゃしゃでんつけたりそうさいちょうひのひ [ 西毛地区 / 明治/ 養蚕 / ]


絹笠神社は、蚕の神である絹笠明神を祭る神社で、明治27年(1894)に碓氷社本社敷地の一角を無償貸与されて建立されました。敷地内には、明治26年(1893)の大霜害の後に、反省(懲毖)を込め、常に霜害に用心するための警鐘とした「霜災懲毖之碑」が建立されています。

所在地 安中市原市2-10-4
見学 常時見学可
問合せ 安中市学習の森 TEL 027-382-7622
交通 JR信越線磯部駅から車約10分、上信越自動車道松井田妙義I.Cから約20分
紹介ビデオを見る ※ うまく再生されない場合は、右クリックで保存した後ご覧ください。

※本コンテンツは、InternetExplorer8.0以上、Chrome、Safari、Firefoxでのご利用を推奨しています。
推奨環境以外のブラウザでは、正しく動作しない場合があります。


地域の文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業
群馬県 : ぐんま絹遺産ネットワーク活用実行委員会
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
TEL : 027-226-2326 | FAX : 027-224-2812

各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。
All Rights Reserved, Copyright(C)Gunma prefecture,
Gunma silk inheritance network utilization and executive committee.